【お金】住宅ローンを選んで返した話

お金のこと

ローンを学びました

住宅ローンを組むまでの道のりでは家を建てることを決めて、ライフプランをシュミレーションした話でした。
実際ローンを組むことになるまでは「家を建てる」という大仕事があったのですが、そのことは今回はスルーして、ローンのお話を中心にしたいと思います。
まず、ローンはとにかく最小限にしたい。というのが希望でした。だから設計段階で、お金をかけたところ削ったところはありました。どうしても譲れないところは頑張り、曖昧なところはあきらめたのです。築15年を超えて、削ったところになんの未練もなかったと実感しています。
夫と私の実家から援助もしてもらい、そんな努力もあって借り入れ額は1,370万円だったと記憶しています。夫は会社のまわりの人たちの話から、3,000万円くらいのローンは普通だと考えていたようでしたが、たくさん借りて返済に苦慮する生活は嫌だという思いからこの額でもわたしには大きな借金でした。ローンを返すことが仕事のやりがいにつながると考える方もいらっしゃるようですが、どうせ「やりがい」というのなら、将来ゆとりをもった生活をおくるため。がいいです。歳を取るごとに生活が楽になっていくイメージです。

それから、いかに支払い利息を減らすか?ということを重視しました。
とにかくネット、雑誌、本。などで住宅ローンについてとことん調べました。
外壁工事にローンを利用した話をしましたが、そのアイデアを思い付いたのはこの時に住宅ローンについて調べたからでした。
現在は住宅ローンの事情が変わっていると思いますので、この通りにできるかどうかの確認はご自身で判断してください。

元金均等と元利均等

まずローンの返済方法は2種類あります。
元利均等:支払額が全期間を通じて同額、当初金額の内訳は利息が多い
元金均等:支払元金が全期間を通じて同額、支払額が最初は多く徐々に減っていく

同じ借り入れ額を同じ期間で返済する場合は、元金均等のほうが支払い利息が少なく済みます。

元金均等の返済が希望でしたが、取り扱っている銀行が限られていました。
また、そういう銀行は利率が悪く、この条件は譲らざるを得なかったです。

変動金利と固定金利

次に金利をどうするかを考えました。(※実際にはどの銀行のローンにするかを決めてからの話です)
金利は「変動」と「固定」、「固定と変動を合わせたもの」
(固定と変動を合わせたものは当初何年かは固定金利でその後変動金利に変わる前提のものです)
わが家が住宅ローンを考えたとき以下の順で金利が高かったです
固定>固定+変動>変動

いかに繰り上げ返済を簡単にするか?

わが家が住宅ローンを考えていた時「繰り上げ返済」は、まとまった返済でないと手数料がかかったり、銀行に繰り上げ返済を申し込んでから手続きしなくてはいけない。というのが一般的でした。それは、最速で繰り上げたいわが家にはマッチしませんでした。

そこで選んだのが「新生銀行」の住宅ローンでした。最初の数か月は繰り上げできないけれど、そのあとは、銀行口座に残す金額を設定しておけば残りの金額を繰り上げできる。というものでした。しかもこのローンはお金が必要になったときに、繰り上げ返済にあたる部分をもう一度借りることができるというものでした。これで手間をかけずに毎月繰り上げすることが可能になりました。

繰り上げ返済前提で選んだ住宅ローン

変動金利は先の見通しが立たず金利が上がる場合もあれば下がる場合もあります。現在は住宅ローン金利がかなり低水準なので変動金利はそうとう負担が軽いです。けれど35年先のことは見通せません。わが家がローンを組むときは、住宅金利が上がっていくんじゃないか。という予測もされていました。少なくともすぐに金利が上がるのは困るので、5年間は固定金利、そこからは変動金利に変わるものを選びました。5~10年程度で返済しようとぼんやり思っていました。

住宅ローン控除は無視しました

住宅ローン控除で税金がお得になるから繰り上げない。と考えるかたもいらっしゃるかもしれません。
けれどシュミレーションしてみたところ、税金で得する額より圧倒的に利息減免効果のほうが高いことがわかったので住宅ローン控除のことは考えないことにしました。もちろん使えるところは使いました。「住宅ローン控除があるから繰り上げない」と考えている場合は、検索するとシュミレーションできるサイトがたくさんあるので、一度シュミレーションしてみたらいかがでしょう?

思ったより早く完済

以上のようにして、手元にはほとんど資金を残さない状態で、最大限繰り上げ返済を利用したところ思ったより早く5年未満で住宅ローンが完済できました。それまでの間はローンの終了日が早くなって行くことだけが毎月の喜びでした。支払った利息の総額は50万円強だったと記憶しています。繰り上げせず35年支払っていたら440万円くらいの利息だったのでだいぶ節約できたと思っています。ただ、早く完済できたことはよかったのですが燃え尽きてしまったのも否めません。

各家庭それぞれの事情が違いますから私の手法がベストとは言いませんが、何か参考になればうれしいです。

では今日もぼちぼち行きましょう。

洋裁型紙のお店Nara-Kara.
パタンナーが本格的な婦人服の型紙を販売するサイトです。大きなサイズ、割烹着、バッグや雑貨の型紙もあります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました