【簿記】ただいま「残高試算表」と「合計試算表」作成のところ

お金のこと

友達くらむちが「簿記検定受けようと思うねん。」と言い出したので、これはいい機会!と一緒に始めようと勝手に決め、クレアール簿記・会計士講座事務所の「2021年11月目標3級パックWeb通信」を始めました。

残高試算表と合計残高試算表

テキストのやっと後半に入ったくらいのところです。これまでを総括するようなボリュームがあります。ある時点での残高試算表が用意されていて、その後のある期間(1週間とか1か月)の取引を反映させて新しい試算表を作る問題です。取引は30件くらいあり、それを仕訳けてから試算表にするのです。

動画を見る前に解いてみました

これまでの復習のような問題なので解説を聞く前にチャレンジしてみることにしました。動画でわかったつもりになるのではなく、わからなかったところ、つまづいたところをあとで動画で確認するほうがいいと思ったからです。
もとの残高試算表はいったん置いて、ひと月の取引の仕訳から始めました。ネット試験ではA4の用紙が2枚支給されるそうなのでA4の用紙に書き始めましたがちょっと足りませんでした。もうちょっと小さい字でわかりやすく書かないといけないと注意点がわかりました。
次に各費目でT字フォームを作りました。そして、解答用紙を埋めていきましたが、左右合計額が一致しません。間違いを探すのに時間を費やし最初の問題を解くのに2時間以上かかってしまいました。
しかも全部を正解できたわけではありませんでした。

そのあと動画を見ました

かなり手こずった問題だったので、先生はどうやって解いてるの?と動画を見るのも真剣になりました。動画によるとT字フォームは書かず、仕訳帳から各費目を拾っていくとのことでした。
なるほど。次回はそうしよう。「まずは1時間で解けるようにしましょう」との先生の言葉に励まされました。本試験では40分くらいを目指すとのこと。試験時間1時間のうち40分をかけるくらいのボリュームだということはわかってもらえるでしょうか?

問題にチャレンジ中

とにかく1問に時間がかかります。細切れに、仕訳して、次は残高試算表を埋めて、採点と3回にわけるときもあります。

間違う

仕訳の時に取引を一つ飛ばしたり、
金額を転記するとき間違えたり、
問題文から仕訳するときに手順をはしょってしまったり。これは先に出た仕訳に引きずられてしまったのです。
正しくは
繰越利益剰余金 / 未払配当金
未払配当金 /現金

のところ、
繰越利益剰余金 /現金

とひと手間飛ばしてしまったのですよ・・・。解答用紙に「未払配当金」の費目があるのに・・・
なんか、「あれ?」っと引っかかったところってやっぱり間違えてることが多いです。

改善目標

A41枚に収まるように仕訳けする
ひと工程ずつを正確にできるようチェックを増やします
注釈と説明文のひとひねりは一度よく考えます

まだまだ先は長いけど、楽しんで問題を解きますよ。

では今日もぼちぼち行きましょう。

洋裁型紙のお店Nara-Kara.
パタンナーが本格的な婦人服の型紙を販売するサイトです。大きなサイズ、割烹着、バッグや雑貨の型紙もあります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました