【認知症】母がレビー小体型認知症になりました(6)

認知症

2020年1月 圧迫骨折

姿勢がおかしい

2019年の12月ごろから母は手の震えもあり、腰も曲がり、左右非対称に座ったりの姿勢異常があり歩きにくそうでした。腰の痛みも訴えることがありました。病院で骨の検査もしてもらいましたが問題はありませんでした。
2020年の年明けは家族で集まることができました。
そこから2週間。なんとか病気の進行を遅らせたい気もあり、1月14日に以前一度だけ行ったリハビリ施設を再訪することにしていました。迎えに行くと座り方が変で、椅子に斜めに腰掛けるようになって頭もぐったりしていました。「痛いねん。」というので、また妄想で痛いんだろうと思いました。

リハビリ施設へ

相変わらず薬は飲みたがらず、外出も嫌がりましたがどうしてもリハビリを受けさせたいわたしは無理に車に乗せて施設に向かいました。
到着すると、施設の代表が車のところまで来てくださり、母の様子を確認するなり「病院に行ったほうがいい。紹介するから」と、そのまま紹介された病院に向かいました。

診察

病院ではレントゲンを撮ってもらい、圧迫骨折の疑いあり。ということでした。先生は「どこかでぶつけたんでしょう」「80年以上生きてるからボロ家みたいなものだから」と。
はぁ?こけた話とかぶつけた話とか父から聞いてないけど?と意味が分かりませんでした。
また「24時間見てて。家でムリだったらどっかに入院させて」と告げられました。
もちろん父に24時間見てもらうのはムリです。すぐにどこか預かってもらえるところを探さなくてはいけなくなりました。

ぶつけたの?

父に「こけた?って聞かれたけど覚えない?」と問い詰めると「廊下の壁にもたれて、ずるずるってお尻ゆかに着いたけど、そんな勢いもなかった」とのことでした。母は私たちのいうことを聞いてじっとしてくれるような状態ではなかったので見えないところで何かあったのかもしれないし、本当にそのことが原因かもしれません。
父も私も注意力が欠けていました。とにかく家族だけでなんとかできる状態ではないことを認識しました。

施設探し

「24時間監視して」と言われたことで、すぐに施設を探すことにしました。わたしは12月にお世話になったケアマネさんに連絡をとり、関連の施設で「今日はムリですが明日からなら入所してもらえます。」とのことだったので、手続きを始めようとしたところ、兄が「病院で診てもらったらどうやろう?」と。私としては大病院に行っても緊急じゃないから入院は無理だろうと思っていましたが、翌日いつもの大きな病院の整形外科を受診することにしました。
長時間かかり、やっと受けた診察では先生が軽ーく、治療のしようがなく安静にしているぐらいしかない。と診断されました。ほらやっぱり思ってたとおり。
施設を紹介してくださいとお願いすると、家からはだいぶ遠いところを紹介されました。そこは祖母が最後を迎えたところで母の印象は良くありませんでした。
どうするか家族に聞いても「任せる」と丸投げされて、やっぱり無駄足だった!と振り回されてヘロヘロのわたしは思いました。さらにグッタリ疲れただけでした。
結局、実家から車で5分ほどの最初に紹介された家チカの施設に決め、病院の帰りにそのまま施設に入所することにしました。短期入所生活介護施設でした。

家族が認知症になったらこれはやっといたほうがいい

・ケアマネさんを紹介してもらう
・要介護認定を申請する
・使えそうな行政の制度があればすぐに申請する

とにかくまずは頼りになるケアマネさんを見つけてください。先に認知症になった家族をもつ人がいたら話を聞いておくと参考になります。ケアマネさんには手続きの助けもしてもらえるし、情報も手に入りやすくなります。それに介護する側の気持ちも汲み取ってもらえます。
私は気持ちがいっぱいいっぱいになっていたので、本当に助かりました。

ケアマネさんは施設付きの方と、独立してケアマネ業のみされている方がいらっしゃいます。わたしは最初施設付きの方を紹介してもらい、そのあと専業の方についてもらいました。
うちは介護認定を早めに申請したほうだと思いますが、この施設探しの時には認定証がまだ届いていませんでした。母のように急速に進行することもあるので早いに越したことはないです。

この記事が何か参考になれば嬉しいです。

今回は母が圧迫骨折をしてしまったエピソードと、入所できる施設を探した話でした。

では今日もぼちぼち行きましょう。

洋裁型紙のお店Nara-Kara.
パタンナーが本格的な婦人服の型紙を販売するサイトです。大きなサイズ、割烹着、バッグや雑貨の型紙もあります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました