【社会】NFTってなに?

いいね!

初めて耳にした「NFT」

先日テレビで耳にした「NFT」。全然聞き慣れない言葉でしたが、すごい技術のようです。まず最初にこの言葉を耳にしたのはNHKのニュース番組でした。完全に理解しきれていませんが、番組の内容を文字に起こしまとめてみることにしました。

NFT=Non-fungible token(ノンファンジブルトークン)
非代替性トークン
他のものには変えられない数が限られたもの=完全に他のものとの識別が可能

コレクションし「所有」できる

今までメジャーなところではトレーディングカードや有名な人形、スニーカーなどコレクションされていました。
これまではデジタル上では本物とコピーとを識別することが困難でしたが、それを可能にするのがNFTです。ほかにコピーが作られたとしても、それが本物だ。と間違いなく証明できるようになったのです。
本物という証明のついたデジタル上にある商品を売り買いするあたらしい仕組みで、今後の著しい成長が期待されています。
インターネット上にある画像や映像は誰でも見ることが出来るけれど、NFTはそれらを所有するのに必要な唯一のデジタル証明が付与されたものです。誰でも見ることが出来るけれど、所有するのはひとりしかいないのです。美術展で絵画コレクションなどを鑑賞することが出来るのと、それを所有していることの違いのようなものでしょうか?

「NFT」市場の動き

中には何十億円もの価値がつくことがあるNFT。
アート、音楽スポーツ。市場は急拡大しています。アーティストの作品が高額で取引されています。
無料で見られるのになぜ高額を出して所有するのか?を私には理解できないところがありますが、
所有することが価値と思う人には重要なのでしょう。

以下のような現象が起きています。

・ミュージシャンがNFTでアルバムを発表

・Twitterの創業者の「初ツイート」は3億円以上で落札

・NBAの提携サイトではある選手のダンクシュートのトレーディングカードが高額購入された

・NFT売買サイト(OpenSea)には作品ギャラリーがあり、1400万点以上が登録されている。

・NFT業界サイト(Dapp Radar)2021年第一四半期の取引額1600億円以上にのぼるというレポートもある

・ゲームの中の土地を売買する

・ゲームの中のアイテムをゲームの外に持ち出すことが出来、それを他の人に売ることができ消費だった「ゲームのアイテム」に「資産性」がつくようになりました。

現実とバーチャル

現実とバーチャルの境界がこれまでになく曖昧になって、

まさに今その境界が消えようとしているのだそうです。
無限に複製が作れるのが特徴のデジタルの世界に希少性の概念を持ち込んだのがNFTです。そういう意味では、デジタルの世界が現実の世界に歩み寄った気がします。

「NFT」に使われる技術

それを可能にするのが、ビットコインなどの暗号資産で使われるブロックチェーンの技術

記録の改ざんがほぼ不可能というブロックチェーンの特徴を利用し、デジタルデータにも「本物」の証明書を貼り付けることが出来るようになり、この技術を利用すると、デジタル世界でも音楽やアートを数を限定して発売することが可能になったのです。例えばこの曲は100人にしか聴かせません。ということで100個NFTを売る。というようなことが可能になりました。

NFT=版画のようなもの

版画を何枚も作ると希少性が薄れて価値が下がることを避けて、原盤に傷を入れたり割ったりして、希少性を担保するように、同じことがデジタル空間でもできるようになり、多くの人がネットにどういうものをアップしてそれにどんな価値、値段をつけるか考えるようになる未来が予測されていて、これはデジタル化された経済が拡大していくことを示唆しています。

NFTによって発達が期待される産業、証明

コンテンツ産業

アニメのカードなど

スポーツ業界と相性が良い

選手のカードをNFTで発行

ファンが持ちたいと思うようなものをNFTで発行することで新たな収益源となりうる

本人確認のための証明書やワクチン接種の証明などに応用できる。

NFT日本での発展は

ブロックチェーンの有力企業が日本にはいくつかあり、
かつて日本は暗号資産やブロックチェーンで先進国になりかけたけれど、金融庁の厳しい規制で進歩が遅れてしまいました。
今後、NFTに対し、政府の厳しい規制が敷かれるとNFT産業の発展を阻害することになりかねず、
法律の網をかけないで自由に発展させるほうが国益になるはずと解説されていました。
デジタル技術の発展で「ものを持つ」という感覚が変化していく未来が予想されています。

NFT理解しきれなかったこと

なんとなく概念はわかった気がするのですが、よくわからない点がありました。
NFTって付与された証明書のことなのか、それとも創造された「デジタルデータ」そのものがNFTなのか?
結局NFTはコピーできるのか?できないのか?
ご存知の方、教えてくださるとありがたいです。
今日はNFTというデジタルの新しい技術について学んだ話題でした。

では今日もぼちぼち行きましょう。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ


にほんブログ村 その他生活ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました