【お金】外壁工事のお金がない!こうやって切り抜けました。

お金のこと

2020年4月。外壁工事することになっていました。

わが家はハウスメーカーさんで建てた家で、予定どおりに改修をしていくとハウスメーカーさんで買取保証してくれるサービス?(得か損かはわかりません)がついています。
そのためには2020年11月までに外壁の塗り替えをしなくてはいけませんでした。

2020年11月ギリギリに終わるようなスケジュールが良かったのですが、工事のときにNTTさんから引きこんでいるケーブルにカバーをつける必要があり、それはNTTさんがやってくださる工事で、

今まで無料だったその工事が2020年6月から60000円かかるようになるということだったので、4月中の施工を予定していました。

コロナ禍で工事費のお金がなくなった!

工事代金の約200万円は投資信託を解約してお支払いするつもりだったの2020年3月当時、世界がコロナ禍に巻き込まれてしまったので、投資の評価額が300万円ほど目減りしてしまっていたのです。

そういった事情と、コロナの感染を避けるためにも工事を延期してほしいと考え
ハウスメーカーに問い合わせたところ、
「コロナで延期というのはないです。感染予防に努めます」とのことだったのですが、
それからすぐに緊急事態制限が出て
「延期してもらってかまいません」と対応が変わりました。
「ただNTTさんの工事は始まってしまうかもしれません」と連絡をいただき、

2.3日後に工事に来られ、数ヶ月そのまま置いておいても構わないから。と結局無料のままカバーを取り付けてくれました。

工事は延期になったけど

工事は延期になり、すぐに支払いが発生することは無くなりましたがいずれは支払う必要のあるお金です。
「どうしようかなぁ・・・」とずっと悩んでいたところふと思いつきました。
「そうだ!ローン!」
利息の支払額が6万円以下におさえられたらNTTさんの工事費払ったつもりぐらいに思える!
いいこと思いついた!と自分のアイデアにちょっと興奮しました。

ローン組みました

・ハウスメーカーさんのローン
・保険を担保にしたローン
の二つを比べて、
ハウスメーカーさんのローンが利率1.45%と低金利だったので
今度は
・ローン開始すぐでも繰上げができるか?
・繰上げ手数料は無料か?
を入念に確認したところ、希望の条件をクリアしていたのでフルローンで可能な限り長期間に設定してローンを組みました。180回払いでひと月の支払額が13000円弱でした。

詳しい内訳は以下の通り
利用額2,073,200円
(税込工事費)
手数料234,872円
分割支払金合計2,308,072円

施工は10月から支払いは工事後11月末から

ローンは組みましたが最初から繰上げ返済を利用するつもりでした。
この頃になると、証券会社に持っている
投資商品のマイナスもやっと消えていました。
株は航空会社や鉄道会社を中心に持っていましたから、まだまだマイナスでしたけど(今も)投資信託のほうがそのマイナスをカバーしてくれるほどにプラスになっていました。

繰上げ1回目

3月の決算賞与と夏のボーナスを蓄えていた分と普通預金の予備費で(すべて主人の収入)
支払い開始日の11月末よりも前の11月半ばに1回目の繰上げ1500000円を実行しました
このときは口座の残高が100000円を切って少し心細かったです。
繰上げ後は期間短縮か支払額減額かを選べ支払額を減らしました。
この時点での元金残高は562850円でした。

繰上げ2回目

1回目のローン支払いのあと
11月分のお給料と、冬のボーナスが入ったので一部繰上げか、全額繰上げか迷いましたがローン会社とのやり取りの煩わしさを繰り返したくなくて、12月半ばに全額繰り上げることにしました。


結果的に支払った利息額は総額3281円
それだけで、
証券口座のマイナスは消えて
投資信託も解約することなく
外壁工事のお支払いを終えることができました。

我ながら上手く行ったなぁと悦に入っています。

ローンと繰上げ返済

ローンと上手く付き合うには繰上げ返済が大切です。繰上げ返済を最大限利用したことで今回の綱渡りが成功したのです。
繰上げ返済を最大限利用するポイント
(あくまで繰上げ返済に特化しています)
・なるべく利率の安いローンを探すこと
・繰上げ返済の手数料が不要でいつでも利用できること
・できるかぎり長い期間で設定すること
・期間を短くするのではなく支払額を減らすこと
・できるかぎり早い時機に繰り上げること

その理由は以下のとおり。

一般的なローンは元利均等方式になっており、(元金と利息を含めて一定額を支払う方法、対して元金均等方式がある※説明割愛)

上の図のようにひと月の支払いのうちわけの元金利息(オレンジ色のところ)の関係は最初は元金の割合が低く、利息が多くなっています。後半は利息の割合が減っていきます。繰上げ返済は元金の部分に充当されるので、同額を繰上げした場合、後半に繰り上げるよりは初期に繰上げたほうが利息の支払いを減らすことができます。

図では極端に示しましたが、ピンクのところが繰上げ返済する元金の部分です。
その上が減らせる利息です。パッと見ただけでもどちらが利息を減らせるか明らかですよね?

今日はローンの繰上げ返済を使って資産を守ったお話でした。

では今日もぼちぼち行きましょう。

洋裁型紙のお店Nara-Kara.
パタンナーが本格的な婦人服の型紙を販売するサイトです。大きなサイズ、割烹着、バッグや雑貨の型紙もあります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました