【お金】「0円」太陽光発電ってどう思う?

お金のこと

勧誘電話

先日「お客様の負担が0で太陽光発電を導入することができます」という電話がかかってきました。ぼちぼち家はそのつもりがなく、「太陽光発電乗せないので」といっても引き下がってくれません。次に「つい最近給湯器を新しものに変えた」ことを理由に断ろうとしましたが、「お客様の負担はありませんので」と電話を切らせてくれません。最後に「ほんとうに今いそがしいので」とやっと電話を切りました。
勧誘電話ってみなさんどうしていますか?ぼちぼちは勧誘電話は一刻も早く切りたいですが、夫は論破したいタイプです。・・・話それました。

タダほど怖いものはない

今回のこの件、わたしは「タダほど怖いものはない」と思うのです。
本当に「無料」で利益だけを受けられるのでしょうか?
たしかに初期費用は無料かもしれませんがそれ以外の費用はどれくらいかかるんでしょう?

ぼちぼちの見方

そもそも電力買取価格の単価が高かったころ、大企業は広い土地を借りたり買ったりして太陽光パネルを大規模に設置していましたよね?
もちろん、そこから生まれた電力を売って利益を得る目的です。企業なんですから利益を追求するのは当然です。この点では何の文句もありません。

ということは、企業が家庭用の屋根に太陽光パネルを付けてくれる目的も同じと考えるべきでは?
広い土地を確保する代わりに、小さな家の屋根を利用しようとしていると思うのは考えすぎですか?
しかも家賃は払わず、初期費用の太陽光パネルと工事費を提供するだけで、発生した電力を売って利益を得るつもりですよね?

メリットあるかな?

最後まで話を聞いていないので詳細はわかりませんが、
「太陽光発電の導入費用が無料」という話でした。
では
撤去費用は?
撤去した後の屋根はどうしてくれるの?
なんなら家賃払ってもらわなあかんのちゃう?

って考えるのです。
もしも今度、太陽光発電を無料で。っていう話があったら、
電力買取の終わる10年後にそこのところどう?月々の費用は?と確認が必要だろうと思います。

16年エコウィルを使ってみて

ところで最初に触れましたが、ぼちぼち家はつい最近給湯機を買い換えました。
その前は16年前に導入したエコウィル(ガスでお湯を沸かすエネルギーを使って発電)を利用していました。導入時は自治体の補助があったとはいえ結構高かったと記憶しています。
それには10年間毎年保守点検費用6000円弱を支払っていました。補償は10年間で発電時間が10000時間を超えると発電機能が止まると聞いていました。
そして今年いよいよ発電機能が止まるというメッセージが操作パネルに表示され点滅しはじめました。
保守契約しているガス会社に連絡したら「そのままでも普通に給湯器としては使えます」とのことだったのですが、ずっと表示されるメッセージが嫌で(なんかやらないといけないことをやっていない罪悪感にさいなまれる)16年使ったしもう交換してもいいか。という気になったのです。
今回、設置したのは発電機能のないエコジョーズ。数年前に外壁工事の見積もりの時に「太陽光も考えませんか?」とハウスメーカーさんに打診され、夫が現在の電気代やらなにやらいろいろを条件に試算した結果、発電機能を付けてもそんなにメリットがないという結論に至ったため、壊れたら普通の給湯器(昔と比べエネルギー効率が格段に良くなっている)に換えようと決めていました。

実はエコウィル失敗だったかなぁとうすうす思っていました。
まずは発電ユニットと貯湯タンクの大きさ。すごく場所を取り威圧感がありました。また、発電能力が1キロワットと少なく、お任せ運転にしていたら不在の時も勝手にお湯を沸かして発電するし、保守点検費用を払ったら本当にメリットあったのかな?と大きな疑問です。しかも撤去費用が税込み99,000円と高くつきました。

今のところエコジョーズにしてよかったと思っていますが、1年くらいたてば料金的にこれまでと差が出たのかがわかると思うので、またレポートしますね。

では今日もぼちぼち行きましょう。

洋裁型紙のお店Nara-Kara.
パタンナーが本格的な婦人服の型紙を販売するサイトです。大きなサイズ、割烹着、バッグや雑貨の型紙もあります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ


コメント

タイトルとURLをコピーしました