【TV】5月7日の@nycは「PIZZAの物々交換」

TV

TV番組の好きなコーナー@nyc

「キャッチ世界のトップニュース」というNHK BSの番組の金曜日にやっている「@nyc」というコーナーが大好きです。
「キャッスル」や「ホワイトカラー」などNYを舞台にしたドラマにハマっていたこともあって、N Yは行ってみたい街のひとつです。
憧れだけでイメージを語れば、「スタイリッシュでクール」そしてキラキラ✨なんですが、このコーナーはもっと親しみやすい人がたくさんいるのかなぁと思わせてくれます。

まずこのコーナーを担当しているマイケルマカティアさんというアメリカ人です。なぜかコテコテの関西弁を話し、さむい親父ギャグを時々放ちます。真面目なニュース番組の中でひときわ目立っています。毎回LIVE中継っていうのもいいですね。スタジオと掛け合いがあり、ちょっと時差があります。
コロナ禍の前にはよくセントラルパークなどでその辺にいる人にその時のテーマについてインタビューをしていて、NYのリアルな人を垣間見られるのがよかったです。今はコロナ禍で特定の人にオンラインでインタビューするスタイルになっています。
現在NYは、市の職員8万人がオフィスに戻り、サブウェイ24時間営業を再開したり。コロナ禍から通常に戻ってきているようです。

5月7日の話題はPIZZA

さて、先週の金曜日にこのコーナーで紹介されたのが「コロナ禍で生まれたPIZZA屋さん」。
ところがこの「PIZZA屋さん」はまだオープンしていません。
PIZZA を作っても売り上げはまったくあげていないのにものすごく有名になった。という話でした。

イタリアのローマ出身のガブリエルさんは2008年からレストランで働き、
3〜4年かけてPIZZA屋さんの出店を計画していたのですが、コロナ禍の影響で出店が延期になりました。家庭のキッチンでは1日1〜2枚しか焼くことができず、商売にならない。そんなときに彼が思いついたのが、物々交換。パンデミックで家で料理をする人が増えたこともあり。ホームメイドの料理やパン、お菓子と彼のPIZZAを対面で交換することにしたのです。

彼のPIZZAの特徴は贅沢でユニークなトッピングで、ホームページやSNSにPIZZAの写真を載せると食べてみたい。という反響が大きく、物々交換する人をホームページで募集しているのだそう。
フォロワーも「今日は何と交換したのかな?」という興味があってとても盛り上がっているようです。

PIZZAと交換した曲

交換するものはお菓子や料理に限らず、経験や、相手が提供できるもの
番組内では作曲家さんの曲と交換し、お店のテーマソングをふたりで創作していました。
あっという間にできたとは思えないほどの素敵な曲で、曲を作る過程もとても素敵でした。

以下はlisteningした英語の歌詞(あってるかどうか自信ないです)と字幕で出ていた歌詞。

What would you give? What would you give? What would you give for my pizza?
何くれる?何くれる?ピザのお返しに何くれる?
Will you teach how to ride a horse?
馬の乗り方教えてくれる?
Will you show me how to play a guiter?
ギターの弾き方教えてくれる?
Will you pass me something you know.
あなたの特技を教えてくれる?
So they life far ago (聞き取れない😭)
そしたら人生が豊かになるから?
What would you give for my pizza?
ピザのお返しに何くれる?
What would you give for my pizza?
ピザのお返しに何くれる?

PIZZAと交換したもの

乗馬レッスンや散髪や絵画、クリエーターさんと交わってバーター(交換)することでとても貴重な経験をすることができているとのこと。
彼は、ニューヨーカーの優しさで成り立っているとの感想を持っていて、

交換の利点をピザを色んな人に試してもらい、感想をもらって日々改善の材料にしていると言っています。ピンチをアイデアで乗り切り、人との繋がりから学ぼうとしている姿勢も見事です。


お金じゃなくて愛情と楽しさ重視(ジューシー)だけど、宣伝も重視(ジューシー)。(マイケルさん談)

今日は私の好きなTVのコーナー@nycとそこで紹介されていたPIZZAの物々交換の話題でした。
NHKではガブリエルさんのサイトは紹介されていないので調べてリンクを貼っておきます。
https://unregularpizza.com
普通じゃないPIZZAって名前もいいですね。

では今日もぼちぼち行きましょう。

洋裁型紙のお店Nara-Kara.
パタンナーが本格的な婦人服の型紙を販売するサイトです。大きなサイズ、割烹着、バッグや雑貨の型紙もあります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました